So-net無料ブログ作成
胃がん-まとめ ブログトップ

これまでに処方された薬 [胃がん-まとめ]

 胃がんの関係でこれまでに処方された薬をまとめました。
 抗がん剤は除いてあります。

バイアスピリン錠
   100mg
1回1錠
1日1回
抗血栓剤脾臓を摘出すると血小板が上昇する。
そのため血栓予防のために服用。
約2ヵ月後、血小板が安定したため服用中止。
ガナトン錠
   50mg
1回1錠
1日3回
消化管運動
   促進
 
フオイパン錠
   100mg
1回1錠
1日3回
逆流性食道炎
   防止
 (=カモステート錠100mg
メチコバール錠
   0.5mg
1回1錠
1日3回
ビタミンB12
   製剤
 
フォリアミン錠
   5mg
1回1錠
1日2回
葉酸製剤  
イメンドカプセル1回1錠
1日1回
吐き気止め抗がん剤シスプラチン投与日に125mg服用。
その翌日および翌々日に80mg服用。
カロナール錠
   200mg
1回2錠
頓服
鎮痛剤1日4回まで。
ロキソプロフェン錠
 60mg「EMEC」
1回1錠
頓服
鎮痛剤1日3回まで。
カロナール錠と併用しても良い。
ビオフェルミンR錠1回1錠
1日3回
整腸剤 
ロペミンカプセル
   1mg
1回1錠
頓服
下痢止め 
マグミット錠
   330mg
1回1錠
1日3回
緩下剤服用量は適宜調整。
抗がん剤使用(免疫力低下)時に便秘で便が
硬くなり、排便時に肛門が切れるのを予防。
PL配合顆粒
   1g
1回1包
1日3回
総合感冒薬 
デカドロン錠
   0.5mg
1回4錠
1日2回
吐き気止め抗がん剤イリノテカン投与日の翌日および
翌々日に服用(朝食後と昼食後)。
シプロ
フロキサシン錠
200mg「タナベ」
1回1錠
1日3回
抗生物質イリノテカン投与後1週間くらいに38℃以上
熱が出た場合に服用。飲み始めたら全量
(7日分)を全部飲みきる。
マイスリー錠
   5mg
1回1錠
就寝前
睡眠導入剤基本的には1回1錠だが、
2錠までなら飲んでも良い。
ラシックス錠
   40mg
1回1錠
1日1回
利尿剤増加する腹水に対処するために服用。
(=フロセミド錠40「タイヨー」
アルダクトンA錠
   50mg

    or
   25mg
1回1錠
1日1回

1回2錠
利尿剤増加する腹水に対処するために服用。
ラシックス錠と併用。

(=スピロノラクトン錠25mg「トーワ」
トラマールカプセル
   25mg
1回1錠
1日3回
鎮痛剤非麻薬性のオピオイド鎮痛剤。
カロナール錠と併用。
オキノーム散
   5mg
頓服麻薬鎮痛剤オピオイド鎮痛剤。
オキシコンチン錠
   20mg
1回1錠
1日2回
麻薬鎮痛剤オピオイド鎮痛剤。
カロナール錠
   300mg
1回2錠
1日4回
鎮痛剤用法用量変更。
オピオイド鎮痛剤と併用。
リンデロン錠
   0.5mg
1回4錠
1日2回
 ステロイド剤。朝昼服用。
マグラックス錠
   250mg
1回1錠
1日3回
緩下剤便秘予防。
ラキソベロン内用液
   0.75%
適量下剤排便促進。
タケプロンOD錠
   15mg
1回1錠
1日1回
消化器用剤
プロトンポンプ阻害剤。
(=ランソプラゾールOD錠15mg「タイヨー」
マルファ配合
   内服液
1回10ml
1日3回
+頓服
 消化器用剤 
ジプレキサ錠
   2.5mg
1回1錠
1日1回
吐き気止め 
フェントステープ
   2mg
1日1枚
貼付
麻薬鎮痛剤オキシコンチン錠の代替。
ガスモチン錠
   5mg
1回1錠
1日3回
消化管運動
  賦活薬
 
大建中湯1回1袋
1日3回
漢方薬 
ビオフェルミン錠剤1回2錠
1日3回
整腸剤 

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ


腫瘍マーカーの変化 [胃がん-まとめ]

 測定している腫瘍マーカーの変化をまとめてみました。

 各マーカーの正常値は次の通りです。
CEA : 5.0ng/ml以下
CA19-9 : 37U/ml以下
CA125 : 35U/ml以下
AFP : 10.0ng/ml以下

測定日CEACA19-9CA125AFP測定機関*
2009/11/210.79    a
2010/2/131.29    a
2010/4/241.213    a
2010/7/170.89    a
2010/11/60.910    a
2011/2/190.818    a
2011/4/230.929    a
2011/6/40.7132    a
2011/7/40.7147365   4.5  b
2011/8/10.9142200   b
2011/9/51.1173205   b
2011/10/121.1275153   b
2011/11/70.78131   b
2011/12/70.714243   b
2012/1/180.8159340   b
2012/2/150.9560053   b
2012/3/141.4730067   b
2012/4/111.5677042   b
2012/5/91.1734062   b
2012/6/6=<0.5678    c
2012/8/313.123517   d
2012/9/102.0222    c
*測定機関
a:地元の病院
b:がんセンター中央病院
c:緩和ケア病院
d:在宅診療から依頼
にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ

胃がん治療経過概要 [胃がん-まとめ]

 胃がんの治療も長くなってきましたので、経過を簡単にまとめてみました。 

2009年11月21日地元の病院で初診
2009年12月5日エコー・胃カメラ・CT他検査
2009年12月14日胃がん確定診断
2009年12月24日手術(胃全摘出・脾臓摘出・リンパ節郭清)
Stage IIB(T4aN0M0)
2010年1月22日抗がん剤UFT 1回200mg×1日2回 服用開始
2010年6月19日肝臓に副作用が見られたため、UFT服用中止
2010年9月4日減量して抗がん剤再開 UFT 1回100mg×1日2回
2011年6月4日CT検査で胸水確認、以降いろいろ検査
2011年6月18日UFT服用中止(TS-1に切り替えるため)
2011年6月23日PET-CT検査
2011年6月25日抗がん剤TS-1 1回40mg×1日2回 服用開始
2011年7月4日国立がん研究センター中央病院に転院
2011年7月7日抗がん剤シスプラチン点滴投与
(以降、TS-1/シスプラチン療法(SP療法)を実施)
2011年9月5日CT検査の結果(胸水不変・腹水増加)、SP療法中止
2011年9月13日治験(抗がん剤タキソール+治験薬)開始
2011年12月7日CT検査の結果(胸水消失・腹水増加)、治験中止
2011年12月13日抗がん剤イリノテカン220mg投与開始(隔週)
2011年12月28日抗がん剤イリノテカン増量270mg
2012年2月15日抗がん剤イリノテカン増量300mg
2012年2月21日電磁波温熱療法開始(週2回)
2012年2月24日レンチナン投与開始(週1回)
2012年5月23日CT検査の結果(腹水増加)、イリノテカン投与中止
2012年5月26日緩和ケアのある病院に転院
2012年5月29日体調悪化のため、温熱療法・レンチナン投与中止
2012年5月31日腹腔穿刺・腹水除去
2012年6月6日緩和ケア病棟一時入院(~6月12日まで)
2012年6月7日麻薬鎮痛剤服用開始
2012年6月11日腹水ろ過濃縮再静注法
2012年6月18日緩和ケア病棟入院2回目(~6月22日まで)
2012年7月2日緩和ケア病棟入院3回目(~7月9日まで)
2012年7月10日在宅診療開始
2012年9月18日がんワクチン療法臨床試験開始(隔週投与)

 腫瘍マーカーの変遷も次ページにまとめました。→ ◎◎腫瘍マーカーの変化◎
 これまでに処方された薬もまとめてみました。 → ○○これまでに処方された薬○
にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
胃がん-まとめ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。