So-net無料ブログ作成

在宅診療8回目 [胃がん緩和ケア]

 昨日は、いつもの2週間間隔で在宅診療の先生が来てくれました。
 がんワクチン投与を開始したことを話し、あとは、いつものように体温・血中酸素飽和度・血圧を測定し、薬を処方してもらいました。
 この間、麻薬鎮痛剤オキノーム散を服用していたので、減った分を補充してもらい、また、継続してオキノーム散を使用しているので、今後オキノーム散を服用するよりも鎮痛剤フェントステープの用量を増やすこととし、これまで1日1mg貼付していたのを1日2mg貼付することとしました。これで、オキノーム散は服用しなくても済むことを期待しています。
 麻薬鎮痛剤は、過剰に投与すると眠気が強く出てしまうということでした。痛みは個々人によって異なり、実際に試してみないとわかりません。フェントステープは2mgのテープもあるのですが、それだと量が調整しにくいため、1mgのテープを2枚貼付することとしました。
 以前、緩和ケア病棟の先生に聞いた話ですが、鎮痛効果として、フェントステープ1mgはオキノーム散5mg×4包分に相当するようです。
 経験上、麻薬鎮痛剤が増えると便秘しやすくなり、実際、便も硬くなってきているので、緩下剤マグラックス錠も処方してもらいました。服用量は、とりあえず1回2錠としましたが、便の状態を見て増減します。

 処方された薬は次の通りになっています。

・フェントステープ1mg 1日2枚10時貼換
・カロナール錠300mg 1回2錠×1日3回食後
・オキノーム散5mg 頓服
・マグラックス錠250mg 1回2錠×1日3回食後
・大建中湯 1回1袋×1日3回食前
・ガナトン錠50mg 1回1錠×1日3回食前
・カモステート錠100mg 1回1錠×1日3回食後 (=フオイパン錠100mg)
・ビオフェルミン錠剤 1回2錠×1日3回食後
・フロセミド錠40mg 1回1錠×1日1回朝食後 (=ラシックス錠40mg)
・スピロノラクトン錠25mg  1回2錠×1日1回朝食後 (=アルダクトンA錠25mg)
・ランソプラゾールOD錠15mg 1回1錠×1日1回夕食後 (=タケプロンOD錠15mg)
・マイスリー錠5mg 1回1錠×1日1回就寝前  

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ


nice!(35)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 35

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。