So-net無料ブログ作成
検索選択

緩和ケア病棟入院3回目 [胃がん緩和ケア]

 入院についてはケータイからちょっとアップしましたが、改めてもう少し詳しく記載致します。


7月2日

 この日は元々通院予約日だったのですが、前2日ほど、ほぼ絶食状態だったので、入院するつもりで病院に行きました。
 着いて、点滴を行っていたところ、大量の胆汁を吐いてしまい、看護師さんをびっくりさせてしまいました。
 単純レントゲン撮影したところ、腸閉塞の可能性があるということで、この時点から禁食となりました。たくさんの経口薬も中止となったのですが、漢方薬の大建中湯(新規)とタケプロンOD錠のみ服用することとなりました。

点滴:脂肪輸液(精製大豆油20%)100ml+栄養輸液400ml


7月3日

点滴:脂肪輸液100ml+栄養輸液1000ml


7月4日

点滴:脂肪輸液100ml+栄養輸液1000ml

単純レントゲン撮影とCT検査
→明らかなねじれや詰まり、がんによる閉塞はない。


7月5日

点滴:脂肪輸液100ml+栄養輸液1000ml

次のような腸追跡透視検査を実施
8時半:透明な増影剤を飲用、レントゲンを複数撮影(立位・臥位・横位他)
10時:立位レントゲン撮影
11時:立位レントゲン撮影
13時:立位レントゲン撮影
15時:立位レントゲン撮影
→小腸の流れが悪いが、問題となるほどではない。15時の時点で増影剤は大腸まで到達している。

夕食から流動食を開始
フオイパン錠・ガスモチン錠服用再開


7月6日

点滴:脂肪輸液100ml+栄養輸液500ml

レントゲン撮影(立位・臥位)
→増影剤は残っていない。腸の後半が細くなっているが機能的に問題はない。

朝食後からラシックス錠・アルダクトンA錠服用再開
フェントステープを2mgから1mgに減量


7月7日

点滴:脂肪輸液100ml+栄養輸液500ml

夕食から三分粥

夕食時からガスモチン錠をガナトン錠に変更
(ガナトン錠は病院の院内処方になかったため処方できなかった。慣れていた薬のほうが良いのかもしれないということで、家に残っていたガナトン錠を奥に持ってきてもらい、変更した。)


7月8日

点滴:なし


7月9日

退院


 今回の入院で、これまで大量に服用していた薬剤が一度リセットされたため、薬の数量が減りました。これは良かったことかもしれません。
 今は次のようになっています。
・大建中湯 1回1袋×1日3回食前
・ガナトン錠50mg 1回1錠×1日3回食前
・フオイパン錠100mg 1回1錠×1日3回食後
・ラシックス錠 1回1錠×1日1回朝食後
・アルダクトンA錠25mg  1回2錠×1日1回朝食後
・タケプロンOD錠15mg 1回1錠×1日1回夕食後
・マイスリー錠5mg 1回1錠×1日1回就寝前


 新たに処方された薬
大建中湯:漢方薬にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ


nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 21

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。