So-net無料ブログ作成
検索選択

インフルエンザ予防接種効果の向上と栄養改善 [ヨーグルト・乳清タンパク]

 新型インフルエンザの予防接種の話もだんだん実現に近づいてきましたが、
http://www.shop-fujicco.com/caspia/wellness/wellness03.html
↑によると、カスピ海ヨーグルトの摂取がインフルエンザ予防接種効果の向上と栄養改善になるそうです。

 カスピ海ヨーグルト摂取群、対照食摂取群(プラセボ)の2群に分け10週間にわたり1日100gを摂取し、摂取後2週目に1回目のインフルエンザワクチン接種、7週目に2回目の接種を行い血液の一般生化学検査と抗体価を測定した。
 その結果、カスピ海ヨーグルト摂取群では、インフルエンザの抗体価の有意な上昇が認められた(図1)。また、総たんぱく血中濃度、アルブミン血中濃度を有意に上昇させた。よって、カスピ海ヨーグルトはその摂取によりワクチン接種後のインフルエンザ抗体価を有意に上昇させることより、予防接種の効果を高めてインフルエンザ予防に役立ち、栄養改善効果が期待出来る。

カスピ海ヨーグルトの摂取がインフルエンザA型ワクチン(H1N1)に及ぼす影響
図1 クレモリス菌FC株を含むカスピ海ヨーグルトの摂取が
インフルエンザA型ワクチン(H1N1)に及ぼす影響
(カスピ海ヨーグルト摂取とワクチン接種により、
インフルエンザ予防に関わる抗体価は有意に
上昇した(2回目)。対して、プラセボでは有意な
変化はなかった)□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ということでした。


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。