So-net無料ブログ作成
検索選択

牛乳と生乳 [ヨーグルト・乳清タンパク]

 昨日の朝日新聞土曜版beの中に、「牛乳と生乳 異なる産地」という記事が載っていました。一般の人に"牛乳"と"生乳"の意味の違いは認識されているのでしょうか。記事の中でも、とくに説明はなされていません。
 以前にこのブログの記事にもしているのですが、生乳とは搾りたての牛の乳のことで、生乳を殺菌して、直接飲用できるようにしたものが牛乳になります。もう生乳っていう言葉も知れ渡っていて、市民権を得ているのでしょうか。
 で、新聞の記事の内容はというと、言われてみれば当然そうだよなぁというような内容でした。
朝日新聞2009年7月18日青be3面
 酪農といえば、北海道イメージ。確かにそうなのだが、牛乳の産地となると話は違ってくる。
 搾られる生乳の量では、北海道が断トツ1位。だが、ヨーグルトチーズといった加工品に多く使われており、牛乳となると少ない。牛乳の生産量が最も多いのは関東地方。国内生産量の36%を占め、なかでも神奈川県千葉県が多い。
 日本ミルクコミュニティによると、「牛乳は、消費地近くの牧場から生乳を集めて作るのが基本」。いわば地産地消。北海道産の生乳が牛乳用として道外に向け出荷されるのは、暑くて生産量が落ちる夏場くらいだという。北海道からの生乳はタンクローリーや、パック詰めにして船などに積んで消費地に向けて運ばれる。
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。